用語説明よくあるご質問

期待耐用年数の意味を教えてください。

塗膜は、紫外線や水、排気ガスなどの劣化因子により、初期の機能・性能が低下します。
通常、劣化には様々な段階があります。

1段階:汚れ、変退色など、外観性能が失われる
2段階:塗膜の表面劣化が進行し、チョーキング(白亜化)、磨耗、ひび割れなどが生じている
3段階:塗膜のひび割れが素地まで進行し、浮きや剥がれが生じ始める
4段階:塗膜の連続性が失われ、素地との密着性、保護機能を失う

この中で、1段階は、塗膜の保護機能は失われていませんので、修繕を行うには早いといえます。
2、3段階に達した時期が最適な修繕時期であるため、ここに達するまでの期間を耐用年数とします。
4段階になりますと、塗膜の耐久性は期待できないため、完全に除去して新しい塗材で改修することになります。
通常、劣化は、材料、地域性、施工水準、メンテナンス、施工部位など、様々な因子が複雑にからんでいます。期待耐用年数として表示している数値は、このような点を考慮して設定しています。

仕上塗材、塗料の違いは何ですか。

塗料とは、一般的に保護また着色用の薄い皮膜を指します。
仕上塗材とは、吹付け、コテ塗り、ローラー塗りなどにより、厚付けで、皮膜自体がテクスチャーを持つ仕上げを提供するものです。

セラミック塗料とは何ですか。

元々、正式な定義のない俗称でありますが、一般的に次の2種類が考えられます。

  1. 着色骨材を用いた自然石調の塗材
    当社の製品でいえば、エレガンストーン(自然石調)、セラスカケン(スキン)などが該当します。
  2. 樹脂組成の中に「Si-O」の結合を持つもの
    シリコン樹脂系の塗料(セラタイト、水性セラミシリコン等)などがこれに該当します。

NAD型塗料のNADとはどういう意味ですか。

NADはNon-Aqueous Dispersionの略で非水分散体という意味で、当社の製品ではクリーンマイルドシリーズ、ナックベースがこれに該当します。脂肪族炭化水素系の溶剤中(ターペン)に0.1μm~数μmの微粒子の樹脂が分散している塗料です。また、弱溶剤系塗料にはこの他ターペン可溶型塗料があり、樹脂が溶媒(ターペン)に溶けているものを指します。

複層と単層の違いは何ですか。

一般的に、複層(塗材)の場合は、「下塗り+主材塗り+上塗り」の三層で仕上げる材料です。一方、単層(弾性塗材)の場合は、「下塗り+主材塗り」の二層で、上塗り工程を省略することができます。

装飾養生・化粧目地はどのようなものでしょうか。

装飾養生とは、仕上げ壁面に目地を入れるために、予め専用テープなどで養生することをいいます。
この他、養生部分に化粧目地を貼り付ける方法もあります。意匠系塗材などで大面積を施工する場合は、適当な間隔で目地を入れることで、より自然な仕上がりとなります。