環境への影響についてよくあるQ&A

塗料の臭いは気になりませんか。どのくらいで臭いは消えますか。

水性形の塗料の場合、無臭ではありませんが元々臭いは非常に少ないので、外装は施工完了後、1日もすれば気にならなくなるケースが殆どです。内装は換気の状態にもよりますが、完全に消えるまでは一週間程度はかかります。

溶剤形の場合は、やはり臭気が強いので、外装の場合も外部だけでなく内部にも臭いが入り、それが消えるまでには一週間程度は必要です。弱溶剤の場合は、溶剤形に比べると臭気は柔らかく、臭いも比較的早く消えます。

内装に関していえば、「エコフレッシュシリーズ」などの低VOCタイプの製品を使うと共に、十分に換気をすることを推奨します。なお、臭気は人によって感じ方が異なるため、あくまでも目安としてお考え下さい。

塗替え工事を予定している近隣の方から、臭気の問題や毒性についての質問があります。
塗料の安全性に関して教えてください。

危険情報と安全対策については、製品のパンフレットや、それぞれの製品のSDS(安全データシート)に詳しく記入されており、通常施工業者はそれに従って作業を行います。
なお、製品缶にもGHSという世界的に統一されたルールに従って、化学品を危険有害性の種類と程度により分類し、その情報が一目でわかるようになっております。

シックハウス対策について教えてください。

内装では、建築基準法に基づくシックハウス対策により、クロルピリホス(主に防腐剤に使用される)が使用禁止されており、ホルムアルデヒドには使用制限があります。
当社の内装用製品はすべて、クロルピリホスを含まず、ホルムアルデヒド放散等級がF☆☆☆☆となりますので、無制限に使用することができます。
但し、化学物質過敏症の方は、その他の物質にも反応することがありますので、詳しい調査が必要になることがあります。